--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2012/05/10.Thu

富士屋ホテル

日帰りで、箱根の富士屋ホテルに行ってきました。

P5061254.jpg

P5061255.jpg

富士屋ホテルといえば、「カレー」
おいしかったぞ!中の写真をバシャバシャ撮れるような
雰囲気でなかったので、レストランの外観を記念に。


P5061232.jpg

カフェでまったり。


P5061241.jpg

館内に入ったとたん、富士屋ホテル特性のアロマの芳香に
包まれます。アロマの効果か、普段はアバレンジャーの娘も、
終始ご機嫌でした。うちのお嬢さん、こけしみたいでしょ?

素敵な小旅行でした♪

スポンサーサイト
日々雑感 | Comments(0)
2012/05/10.Thu

ごんぼほり

我が家のチビちゃん、まもなく5ヵ月になります。

生後4ヵ月を目前にしたある日、ころんっと初寝返り。
それ以来、毎日得意げに、ころん、ころん。

日々の成長が目覚ましく、現在体重は7.7キロ!
だんだんと知恵がついてきたのか、環境や状況の変化への
快・不快を、笑ったり泣いたり、バリエーション豊かに
表すようになりました。
鏡ごっこが大好きで、鏡にチビの顔を映してあげたり、
鏡越しに目が合うと、ケタケタとよく笑います。

P5071272.jpg

何がご不満だったのです?お嬢さん。
火が付いたように泣いた顔。涙と鼻水まみれ(笑)
津軽弁で言う「ごんぼほり(駄々をこねること)」だぞ。

妊娠・育児 | Comments(0)
2012/03/21.Wed

誕生日プレゼント♪

先日、39回目の誕生日を迎えました。
来年は40才、初老だって!ぞっとするっ。

最近知ったのですが、わたくし、敬愛する水木しげるセンセと、
「かご猫」のシロちゃんと同じ誕生日なのですよ。
高木ブーと一緒なのはずっと前から知っていたけれど。

それにしても、早生まれは得ですワ!
子供の時は、何かとハンディがあって、とっても嫌だったけれど、
大きくなってしまえば問題ナッシングだし。

pre.jpg

大学時代からの親友が、誕生日にプレゼントしてくれました。
これ、おろし器なんです。かわいずぎる!!!
離乳食に使ってねって、何てうれしい心遣いでしょう。
どうもありがとう、大切に使います♪
日々雑感 | Comments(0)
2012/03/21.Wed

生まれてきてくれて、ありがとう!

約3か月ぶりのブログ更新だぁ!


昨年末の話になってしまいますが…

12月13日の朝、2902gの元気な女の子が無事に誕生しました。
娘が授かったのは、38才になって間もなくの頃。
なにゆえ高齢での初産、本当に娘は無事に生まれてくるのだろうか、
私の体は出産という大仕事に耐えられるのだろうかと、
終始消えることのなかった不安をよそに、
本格的な陣痛が始まってから4時間半の超安産でした。
終えてみれば、まさに“案ずるより産むが易し”だったわ。


現在、娘は生後3か月になり、首もほぼ座ってきました。
「あーあー、うーうー」などのかわいらしいおしゃべりも頻繁で、
言葉を持たないなりに、一生懸命私たちに何かを伝えようとして
いるようです。
私の産後の肥立ちもいたって順調。母乳育児のせいか、
妊娠で7㎏増えた体重が、1ヵ月で元に戻りました。
母子共に、とっても元気です!



出産は、主人立ち会いでした。
数分置きの陣痛、そして分娩台に上がって必死にいきんでいる時、
娘の心拍がぐぐーっと下がっていたと、後で主人から聞きました。
頑張っているのはお母さんだけでなく、
産まれようとしている子も命がけなんだね。
産み終えて主人を見たら、泣いてました(笑)
「泣かない」って言ったの誰だっきゃ?

一つの命が誕生するということは、いくつもの奇跡の連続。
私のお腹の中で無事着床し、無事に安定期を迎え、
無事に生まれてくる… 本当に本当にすごいことなんだ!と。
そう思って腕の中の我が子を見ると、
今でも時々うるうるしてしまいます。



「よく私たちのところに生まれてきてくれたねー、本当にありがとね!」

PC150235.jpg
妊娠・育児 | Comments(2)
2011/12/07.Wed

母たちからの知恵

今更な話ですが、ベビは青森ではなく、横浜で産みます。
極寒の青森で出産すると、春先まで帰ってこられないだろう
ということで、そうしました。

出産にあたり、主人のお義母さんが2日から来てくれています。
周りのみなさんからは、
「お姑さんが~???大丈夫???」と心配されるのですが、
当の私はどこ吹く風で、そんなに大変かな?と思っているところです。

別に「いい嫁」を演じて言う訳ではありませんが、
お義母さんには実の娘のように接してもらっていて、
サザエさんのような、明るく快活なお義母さんと一緒にいるのは、
実際とても楽しいのです。
私自身はというと、お義母さんに最低限の礼節を尽くしつつ、
「気を使っていないような気遣い」を心がけています。


…結婚する前、私の母から言われたこと。

「何事も、私に相談する前に、お義母さんに相談すること」
「実家を大事にするより、嫁ぎ先を重んじること」


少し古風かもしれませんが、この2つの言葉は非常に役立っていて、
これから娘が生まれるにあたり、時が来たら娘にも伝えるべき教訓だと
思っています。



IMG_0026.jpg

本日の夕飯。
身欠きにしんの昆布巻をお義母さんから教えてもらった~☆
「料理の知恵」を一品授かりました。
さて、自分のモノにできるかしら?
圧力鍋を使っているので、にしんが骨まで柔らかくておいしい!

手間暇かかった田舎料理は、最高の贅沢品ですな♪


日々雑感 | Comments(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。